Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

現在製作中のボリューム・コントローラー


E.W.S.が製作している''Subtle Volume Control''が欲しくなったのですが、これなら自作してもいいやという事で自分なりのアイデアを組み込んでみました。
右のツマミは単純にボリュームペダルをツマミ式に置き換えたもので、これは足を上に置き、''捻るように''操作します。
従来の縦に踏み込むボリュームペダルと違い、普通のツマミを左右に回すので細かくシビアな調整もやりやすいですし、その時の加減もある程度目算できます。
ちゃんと足で操作しやすいようにツマミにはMXR製品でおなじみのラバーキャップも取り付けます。
これは元はスコット・ヘンダーソンのアイデアで、彼も同じように自作した装置を使っていたらしく、それを本人監修のもとにE.W.S.が製品化したそうです。

この時点だとただのボリュームペダルなので、音量を下げる事しか出来ませんが、クリーンブースターを内蔵することにより音量アップにも対応しています。
写真ではツマミはまだ取り付けていませんが、本体上部のブーストツマミで予め音量を設定しておき、左のスイッチ一発でブーストオンにする感じです。
勿論、ブースト状態でも右のボリュームコントロールは有効です。
基本的にはローインピーダンスですが、ボードに組む際に初段、後段どこでも使えるようにバッファ内蔵にしました。
上部の''Buffスイッチ''でセッティングに応じてバッファをオン、オフにする事が可能です。
ただし、まだちゃんとした音出しはしていないので、初段に繋いだ場合にその後のエフェクターへどう影響するかは分かりません。
そして、やはりパッシブのボリュームペダルなので、ハイ落ち等の音質劣化は避けられませんが、内蔵バッファの有無で多少マシになります。
電源は普通にセンターマイナス9vDCです。


単純に3in1みたいな感じですね。
まだ完成はしていませんが、使い勝手の良いアイテムになれば嬉しいです。