Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

Lovepedal ''Silicon Fuzzmaster''


ラブペダルのシリコンファズです。
2、3年前に自作したものを今も所持してますが、なんやかんやで前々から本家がずっと欲しかったところを特価品の中古を見つけたので購入しました。
ラブペダルは製品ラインナップが非常に流動的で、タイミングを逃すと結局買えずじまいなんて事がザラですね・・・。
まあ、1年そこらでガワのデザインや名前だけ変えたりして新製品的に復刻させるって事も多々ある(というかそういう商法)ので予測しやすいのやら、しにくいのやら・・・中々買い手を困らせるメーカーです。
これも数年前に生産されてたペダルで、その更に前に''BBB''の名前で販売されていたゲルマニウムファズのシリコン版だとかなんとか。
ラブペはファズのラインナップも豊富なので僕も把握しきれてません。

これはファズのカテゴリではありますが、とても扱いやすく、ディストーションと言える範囲まで音色をカバーしてるのが特徴かと思います。
コントロールはLEVELとDRIVEは勿論のこと、真ん中に名前のないノブがあります。
TONE(よくある高域調整とは違う意味合いです)と表現して差し支えないと思いますが、これがこのペダルの肝でもありますね。
左に回す程、一般的なOD/DISTのような汎用性のあるややタイトな歪みになり、右に回す程、低域が膨らみファズらしいサステインの良い歪みになります。
これは単純なEQ変化によるものではなく、ちゃんと「ファズらしさ」の度合いみたいなものが変化してるように感じられますね。音色のシェイプ自体が変化してる、と言いますか・・・高域が籠ったりとかは無く、基本的に同じ音で歪みの傾向が変わります。
更に筐体の裏にバイアストリマーを操作するための小さな穴があり、細いマイナスドライバー等で手軽に調整できるようになっています。(表面に出して4ノブにしてくれてたらもっと良かった)
このバイアストリマーも中々面白く、電池切れかけのブチブチしたサウンドやデフォルトの状態よりも更にファズを強調した音にも出来たりで結構な守備範囲を誇るペダルですね。
僕はファズ成分を残しつつもディストーション寄りになる位置で設定してます。


なんというか癖になる音の歪みですね。やはりファズなのでギター側のボリュームを絞った時のチャリチャリした特有のクランチもいい感じですし、ゲインの幅自体もかなり広く、先述の通り真ん中のツマミを左に回す事で普通のディストーション的にも使えます。
とは言ってもあくまで「的に」なのでファズの範疇のサウンドである事は注意して頂いたほうが良さそうです。

ファズに対する苦手意識ある人は一気に見方が変わっちゃうかも・・・そんなペダルです。
逆に正統派のファズを好きな人にはコレジャナイ感ありそう・・・。笑
総評としてはかなり良いですが、弱点はやはり高域を調節するノブが無いので、アンプのクリーンとで使い分ける際の利便性の面で「惜しい感」は否めませんがまあファズなのでその辺は仕方ないですね。笑


最後に自作品と比較してみてですが・・・

基本的にビックリするくらい同じ音、同じゲイン量でした・・・笑
ただ自作品のが圧倒的にローノイズな仕上がりになってますね。拾った回路図よりもグレードの良い部品を使ったりしたからでしょうか。
サイズも小型で作れてるしで、こう見ると本家が全くの無駄になっちゃうんですが、バイアストリマーの挙動が大幅に違ってて自作のほうは一定の位置以外は急にノイズが増したり、それ以外はブチブチ音になったりで調整幅が狭かったです。
あとしばらく弾いて分かったんですが、弾き心地的には本家のほうが食いつく感じがあります。
自作のはややそっけないというか・・・。音だけ聴くとほんと区別つかないんですけどね。
ピッキングした時のアタックの粘りが本家のほうがあります。
片方の存在しか知らなければどうでもいい範囲の微々たる差と言えますが完璧に同じでは無いですね。
部品のグレードを変えてなければあるいは・・・。


とまあこんな感じで良いファズです。デザインも好きだなあ・・・。
ラブペダルは音もデザインも僕のツボに入るものが多くてついついチェックしちゃいますね。