Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

TRIAL Effects ''B-1''

     f:id:ng21gt:20190504223653j:plain

大阪に工房を構える国産メーカー、TRIALのクリーンブースターです。

ここの製品では以前TS系の''PockeTS''を紹介しました。長らく名前だけは知ってるメーカーの一つでしたが、去年のサウンドメッセのブースで製品を試奏したり、ビルダーの方にお話しを伺ったりしてるうちに興味が湧き、チェックするようになりました。

 

今回の''B-1''はワンノブのシンプルなブースターで、これだけ見ると巷のよくあるミニブースターという感じですが、世間で目にする「原音に忠実なブースター」というコンセプトを少し違った目線で捉えた製品になってます。

ちゃんとした説明はメーカーサイトに掲載されてるので省きますが、大まかに言うと「ブーストした際に本来持ち上がる成分をあえてフラットに微調整する音質変化を加える事により、結果的に聴感上は変化なく持ち上がる」という狙いのようです。

 

これは、なるほどな〜という印象で確かにそのままクリアに持ち上げるブースターだと欲しくない部分も増幅されて、音色がピーキーに感じて違和感を覚える経験は多かったです。

例えば、自宅音量で作った音色なんかだと音量の小ささもあってトレブル上げ気味でもあまり気になりませんし、むしろそうしないと篭った音になったりしますよね。でもその設定でそのまま音量だけを上げると、その分押さえ込まれてたトレブル成分が表面に出てきて耳に痛くなるので再度全体のEQを調整してその場その場の判断で作るのがサウンドメイクの常だと思います。

そういった音量に起因する変化をあえてブースターの音色変化として処理する事で違和感を減らしているそうです。

 

よくある「味付けしないとされるクリーンブースター」に対して逆の発想ですね。

 

 

で、実際のところ効きはどうなんや?って感じですが、まだそれほど大きな音量では試してませんが、後段で使ってみたところかなり自然なブーストに思いますね。

確かにブースト前の感触を残したまま、違和感無く持ち上げてくれてる印象です。単純に使いやすいです。

そしてかなりローノイズ。加えて、あえてのバッファードバイパスを採用しているのでスイッチングノイズもありません。

本当に見ての通りのシンプルさと、メーカーの狙いそのままの製品なのでこれ以上書く事もありません。笑

 

 

ブースターでの変化に悩みがある人は一度試してみてもいいかと思います。