Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

Jetter Gear ''Altair IV''

      f:id:ng21gt:20190623031057j:plain

以前、紹介した''GS124''同様にダンブル系のODです。

Jetterの製品は中々に在庫数が少なく、値段も安くは無いのですが''GS124''がかなり良かった事もあり思い切って購入に踏み切りました。

 

いわゆる2in1ペダルで、新たにデザインされたダンブル系の歪み二つ(単機でのリリースは無い・・・はず)という構成。

左右で音色は違いますが極端なものでは無く(方向性がまとまっている)、主にゲイン量で住み分けされた感じで左がゲイン高め、右が低めといった使い分けが可能となっています。

左chはわりとロックな方向性でGS124と近いですが比べてみると落ち着いた音色で、特にローミッドがかなりスッキリ目になってる印象です。GSの音の分厚さに少し勝手の悪さを感じてる方はこっちの方が使いやすいかも。

あとはコンプ感もこちらの方が強めで高域もGS程暴れる感じは無いですね。傾向は似てるんですが、上品にまとまってる雰囲気があります。

逆にGSの巻き弦のザラつきとかハリやパンチを求めると物足りないかもです。

(完全に好みの問題ですがファーストインプレッションはGS程の衝撃は無く、無難な良質ペダル!という感じです)

本物のダンブルの音を知らないので純粋なODとして見た場合になりますが、スムースで使いやすいです。

 

右chはゲイン控えめとはいえフルアップすると案外歪みます。左chよりこっちの方が丸く、甘いサウンドですね。

スムースジャズとかに合いそうな感じです。

 

どちらもContourノブの効き方は似たようなもので、上げ過ぎてもあまりキンキンにはならず、耳障りのいい範囲での調整といった感じで、まあこもらないくらいにしておけば大体いい音になるとは思いますが、逆に言えば音色の幅はあまり広く無いです。

 

同時オンにした時の混ざり方が絶妙で、両者が喧嘩せずに良いゲインの上がり方しますね。

ちょっと強めにブーストしたら低音がダブつくというか変にルーズになる歪みって多い気はしますがこれは元の音色の良いところを極力殺さずに芯のあるディストーションになります。

ノイズも少ないです。

メタルとかそういう感じでは無いですが、ロックフュージョンにはかなりマッチしそう。どちらかと言えばリードに強みのあるペダルかなーと。

 

 

Jetterは筐体がやけに重たいのが惜しいですが、個人的にはめちゃくちゃツボにハマる傾向のメーカーでした。

 

 

 

それとこれは代理店情報ですが、Altair IVに採用されてる軽いアクションのフットスイッチは初期不良や経年での故障が多いらしく、交換修理後もまた舞い戻って来るので今は基本は信頼性の高い代替品で対応してるとの事です。(それでも元の部品が良い場合はそれも対応可能との事)

 

あと、僕のは電源オフでも接続するだけで謎のホワイトノイズが常に乗ってしまう症状が出ていたので色々と環境変えたり検証した結果、アース処理(?)が甘い気がしたので、一度基板を筐体から分解してインプットジャック部分やネジ穴周りの塗装を削り取り、ワッシャーの締め込みも改善して組み直すとノイズは落ち着きました。

僕は電気知識は無いですし、この一連の作業が効果あったのかは分かりませんけど、物は試しですね・・・笑

(でもまた再発しそうやなあ・・・こういう不安を抱えるのが大嫌い)