Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

Mosky ''Blue Delay''

f:id:ng21gt:20190809000754j:plain

中華ペダルのディレイです。大胆なコピーで印象の強いMoskyによる、Mad Professorの''Deep Blue Delay''のクローンになります。

表面に''Analog delay''と書かれてますが、元のDeep Blue Delayは「極めてアナログライクなデジタルディレイ(ハイブリッド?)」だそうですので、これは誤りかと思います。

 

まず驚くべきは3000円という価格。本当に本家の音が出るなら超破格ですが、ここの製品は既に二つ所有しており、どちらも良い感じだったので抵抗無く買えました。

結果としてはこれまたコスパ優秀でこれなら文句ないレベルですね。

 

本家の方はじっくりちゃんと弾いたワケでは無く、試奏程度のうろ覚えにはなりますが、ノブの可変とか出音の感じやディレイタイムにかなりの既視感を覚える操作感だったのでかなり近いと思います。

勿論、パーツのコスト面で調整を掛けたり違いはあると思うので完全に同じという事は無いかもですが、「似てる範囲」ではないでしょうか。

 

やや曇り気味なディレイ音で、良い意味でローファイな雰囲気があり、これが本家でも歓迎されてる要素でしょうか。人によっては重た過ぎる風(モッサリ)にも感じるかも。(昔、MXRのCarbon Copyを試奏した時にこの感じが僕は苦手でした)

 

本家と同じスペックならディレイタイムは25~450msで、これはまあ一般的なアナログディレイなら300msちょっとかこんなもんかなって範囲で、テクニカルなディレイ効果を狙わないなら実用的な範囲ですね。

バーブっぽい奥行きを持たす程度に使う感じが好きです。

オン時の原音への影響ですが、Levelツマミをゼロで繰り返し切り替えてみましたが特に気になる感じは今の所無いですね。ただ音作りや音量次第では気になる変化も後々出るかもなのでその時は追記します。

 

便利なディレイでは無いですが、シンプルな操作で心地いい味付けを加えたい人や遊びのセッションに持ち込むペダルボードにそれほどお金(あとボードのスペース)を使いたく無い人に向いてると思います。

 

スペックの値については、Moskyのサイトの製品説明は本家からの丸々コピペだったりするので信憑性には欠けますが、使用してみての感触はそれっぽいです。

本家と並べて比較したいですね〜。

 

3000円でこれなら良く出来てます。

 

ここの製品は耐久性等を指摘されがちに思いますが、今の所は先に所有している2機種共に不具合無いです。

それと前々ではアマゾン経由で中国から直接送ってもらうしかなく、数週間の納期を要したので渋ってましたが、最近見たらMoskyの多くが国内Amazon倉庫の在庫に入っており、すぐに届くようになってます。

販売元は中国のバイヤーですが、国内在庫があります。

ただ万が一に不良品に当たった場合は面倒かも、ですね・・・。その辺はアマゾンのシステムでサッと申請できるんでしょうか・・・?