Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

Charvelの新作のテレキャスシェイプ。''So-Cal style2''

最近日本製のモデルも出したCharvelから新たに''So-Cal''というモデルが出ました。

これまでは割とディンキー的なモダンシェイプが多かったですが、ここに来てフェンダー寄りなクラシックなシルエットを持つ2機種(ストラトテレキャス)が登場です。

※ Style1はストラト、Style2はテレキャスというラインナップです。

f:id:ng21gt:20200218221651p:plain

f:id:ng21gt:20200218221708p:plain

 

仕様自体はかなり最近のものとなっており、「あくまでボディ形状だけ」がフェンダースタイルという感じなので、一部のSuhrや最近のXotiqueのようなコンセプトとしてのモダンヴィンテージといった風な狙いのものとは違いますね。

ガッツリとフロイドローズだったり、リアハム、24フレットだったりで現状では仕様の選択肢もあまり無いので、人によってはイマイチ買いづらいラインナップになってるかも知れません。

本当に「中身はシャーベルの方向性のまま見た目の形状だけフェンダー寄り」って感じです。

 

位置付けとしてはメキシコ製造の廉価モデルのようで、1000ドル程度の価格設定です。

 

ただこれのテレキャスのは僕的にはかなり気になる製品でして・・・

 

ネックはローステッドメイプルですし、フレットは24F(ニッケルっぽいです)、H-HのPUにシンクロトレモロかつリセス加工されてます。

PUにはFishmanのアクティブタイプが載ってるのがやや気になりますが、コイルタップも搭載されていて音の汎用性も高そうです。

そして見た目もフェンダーライクな無難なもの。まあ、ポットレイアウトやコンター/ヒールの加工は演奏性重視なモダンな作りですが、そこは歓迎できます。

メキシコ産なのもフェンダーメキシコ信者の僕はポイント高いです。

 

ただ一つ惜しい点が・・・

 

リバースヘッドのみ

 

なんですよね・・・。

 

 

 

なんでや・・・!!

 

 

 

好みは人それぞれですが、せめて普通のヘッドもラインナップして欲しかった。

・・・いや、リバースヘッドもかっこいいんですけどね。

でも個人的な好みで言えばですが、ああいうのは普通のフェンダーみたいな丸っこいヘッドシェイプよりはSuhrみたいに少し尖ったシェイプの方が合うようにも思いますね。

 

NAMMでのお披露目の様子。

リバースヘッドな以外はかなり好きなスペックですね。値段も手頃ですし、気になるモデルです。