Nakaji(ナカジー)の日々のギターとか音楽ネタとか。     ~Slight Return~

Nakaji(ナカジー)です。ギター弾いてます。講師も。気まぐれで採譜したTAB譜を公開したり、ギタリスト主体の音楽ネタや自身の日々を緩く書いていきます。                  更新は不定期ですが最低でもひと月に一回は何か書きます。諸々のご連絡やご依頼はCONTACTからどうぞ。

「芽生えドライブ」でGuthrie Govan風ソロ。

今回のは中々にチャレンジな内容なので、ブログに公開するのは悩みましたがせっかくなので・・・。

 

marbleというユニットの「芽生えドライブ」という曲です。アニメのひだまりスケッチのEDで知った曲です。笑

中間部にいい感じのスペースがあったので、ガスリー風にスライドソロを入れてみました。

 

まあ聴いて頂くとお分かりとは思いますが、僕はスライドギターは苦手です・・・。

じゃあなんでやったんだって話しですが、この曲でソロ作るにあたりガスリー風で考えるとスライドのイメージが先行してしまい、どうしてもそれでやりたくなったので、良い機会だしちょっと練習して録ってみよう・・・といった流れです。

お世辞にもピッチが良いとは言えないですね・・・。正直これでもかなり録り直したり、試行錯誤はしたんですよ。(演奏よりもクソコラ画像の方がクオリティ高く出来ました)

 

公開しといてネガティブな事ばかり言うのもなんですが、雰囲気やタッチはそれっぽいかなあ?程度には思ってます。

と言うか曲自体がなんとなく初期のJTCのオケ感あるような・・・笑

 

暖かい目で見て頂けると幸いです。ちゃんとスライドギターも練習していきたいですね。

 

 

使用機材はTUNEのカスタムテレに、せっかくなのでCornfordの''Roadhouse50''をマイク録りしました。笑

TUNEテレはSuhrのピックアップを載せてますし、やっぱりCornford(デカイ/重い/うるさいの三重苦なので普段は眠ってます)を使うと音だけは似せれたように思います。歪みはアンプ側で作ったので、コンパクトエフェクターはディレイにTCの''Flashback Delay''を使ったのみですね。

バーブだけ最後にプラグインで掛けました。

 

ちなみに使ったスライドバーは透明のガラス製です。型番は忘れましたがよくあるダンロップのやつです。

 

 

 

余談ですが、これを録ってた時期にスライドという事で資料として、今更ながらオールマン・ブラザーズ・バンドの音源を買いましたが、めちゃくちゃ上手いし、かっこいいですねえ・・・。

特に有名なフィルモアライブなんてバンド自体のエネルギーが凄まじくて、あっという間に聴き終わっちゃいます。超名盤でした。(ほんと今更)

音もノリも雰囲気も良い。

 

 

 

TC Electronic ''Dark Matter''

f:id:ng21gt:20200103193712j:plain

新年一つ目はこちら。

 

これはもう結構なシェアのあるエフェクターなので特別面白いものではないかもですが、安価な上に僕としてはかなり好きな歪みだったのでご紹介します。

 

新品だと、6000~7000円程で中古だと4000円ちょっとで出回ってますね。中古在庫の数もかなり見かけます。

 

TCといえば空間系に強かったり、ハイテクな技術を駆使したデジタル製品が多い印象がありますが、こちらは完全アナログの古典的なディストーションですね。

見た目はモロに「メタルディストーション」といった雰囲気ですが、意外にも歪みの傾向は「よく歪むオーバードライブ寄り」な感じで、僕的には良い意味で予想を裏切られました。

逆に凶悪なモダンメタルディストーションを期待すると結構微妙かと思いますね・・・。(メタルもいけますが、カテゴライズの細分化が激しいメタルにおいては場面を選ぶと思います)

 

コントロールは、

・GAIN

・LEVEL

・BASS

・TREBLE

 

に、音のキャラ(モダン/ヴィンテージ)を切り替えるVOICEスイッチとなってます。

 

フットスイッチは見た感じは旧式のPolytuneやFlashback、Hall of Fameに採用されていたものと同様に見えますが、あれより軽快な踏み心地です。(上記の3機種は硬めでオンオフの感触がイマイチな印象でした)

 

 

サウンドは、敢えて汚れを狙ったのかなという感じでザラつきや潰れがあり、どちらかと言うとオールドスクールなものです。見た目に反してメタル的な冷たくモダンな印象は薄いですね。

少し独特なキャラではありますが、ロックらしいリードやバッキング/リフにも使える扱いやすさを感じる辺りはTCらしいというか、狙って設計してる感ありますね。笑

ダーティだけどクリアネスは確保してる感じです。

 

 

中程度のゲインだと音の分離も良く、軽快なドライブサウンドで、70~80s辺りのハードロック的な刻みなんかもマッチしますが、強く歪ませると(大体14時以降)それに伴って低音にグズつきや僅かにファジーさが現れてきます。

ノイズも強めですね。でも最大ゲインでも使える音ではあるのでこの辺りはTCらしい(2度目)

 

あまり重い感じはなく、全体的に軽い感触が特徴かも知れません。これは説明しづらいですが、なんだか独特な軽さを感じます。

あと面白いのが高音弦も中々に太い音が出るのでリードに妙な安心感があります。

 

コンプ感は薄めな設計のようで、オープンな鳴らし方にも適してますが、十分リードも弾きやすいサステインや太さはありますので、ロックなバッキングとリードを担える歪みを探してる人にオススメできます。

ピッキングレスポンスも良く、しっかりとした立ち上がりの速さと粒立ちがあるのでピッキングが得意な人ほど良い音で鳴らせて且つ好きになりやすいと思います。

 

二つのEQノブは、センター(12時)にクリックがあり、そこからブースト/カットといった仕組みですね。機材やアンサンブルに応じて微調整が可能なのは使い勝手良いですね。

 

Voiceスイッチは大袈裟な効き方はせず、本当にちょっとした違いを出す程度のようです。

説明が無いので上下のどちらがモダン/ヴィンテージかは分かりませんが、片方は全体的に音が少しペラくなり、ギャリっとした食いつきが出てくる印象でおそらくこれがヴィンテージ傾向なんだと思います。

音が分厚すぎると感じた時にこちらにするとスッキリしてキレも出ます。

 

 

ゲイン量に対してノイズはやや強く乗るような気はしますが、僕の中ではかなり使い勝手のいいペダルでした。

ジャズコでも特に問題なく使えました。

 

ただ一応の注意としては狙ったっぽいダーティな部分がやや特徴的な質感なので苦手な人は苦手そうです。(中古でよく見かける理由はそれ?あとは名前と出音のギャップも?)

昔のロックサウンドが好きだけど、もっと使い勝手良いものが欲しいという人に向いてるんじゃないでしょうか。でもちょっと王道からは外れてるような印象で、その辺りが難しいのかもですね。

ハマる人はかなり気に入ると思います。

古いけど新しいこの感じは例えるなら懐古路線の新人ハードロックバンドとかあんなイメージですかね。笑

Steel PantherとかAirbourneとかHibriaとかSilvertideとかWigWamとかDarknessとかその他色々・・・一時期露骨に昔路線のバンドが出てきましたが、やってる音楽の傾向は古いのに録音の質が新しいので独特な感じありますよね。この現象と似てるかも。笑

 

 

 

 

 

Brett Garsedの近況を追うなら本人ではなく、John Farnhamで動画検索掛けた方が良さそう。

 

これは今年のJohn Farnham(ジョン・ファーナム)のライブ映像からガースドのソロをダイジェストした動画です。

この中で使用されているストラトのピックアップ製作者が宣伝用にまとめたものみたいですね。

本編は、

https://youtu.be/ilAyoo2wOT4

(なぜかちゃんと貼れないバグが起きてるので、視聴の際はリンクから飛んで下さい)

 

ファーナムはガースドと同じくオーストラリア出身のシンガーで、向こうではかなりの大御所だそうです。

ジャンル的にはポップスですが、AORやメロディアスハードに分類されそうなサウンドも感じました。この辺りはいかにも80年代、90年代といった雰囲気ですね。

今年で70歳になるそうですが、めちゃくちゃ声出てますし、安定してます。

 

古くからファーナムのレコーディングやライブツアーにはガースドが関わっており、80年代のライブ映像でもその姿を確認できます。

近年のツアーでもガースドが参加しており、ほぼほぼお抱えみたいな状態っぽいですね。

ガースドで検索掛けたらファーナムのライブ映像がヒットすることがちょくちょくあったのですが、逆にファーナムで検索するとワードにガースドが含まれていないだけで、映像開くとガッツリ弾きまくってたりします。笑

ポップ/ロックのサポートギタリストにしてはかなりフィーチャーされているので、割と普段通りのガースド節を堪能できます。

こうやって見てるとプレイスタイルの幅の広さも再確認できますし、やっぱりテクニカルフュージョンだけに収まるギタリストじゃないですね。

 

Nelson(ネルソン)時代のガースドもブート映像を見る限りだとライブでは結構弾きまくってたりしてて、これも時代ですね。笑

 

 

最近のガースドはたまに誰かのゲストソロ弾いてたり程度には活動を確認出来てましたが、こういったライブにも同行してたりするのはファンとしても安心というか嬉しいです。

 

 

ファーナムのバラード。僕はこういうベタな80~90年代サウンドのバラードに弱いんですよね。笑

HR/HMバンドがバラード出したら大体売れてたあの頃の感じというか。

開放弦をうまく利用したアコギのアルペジオがめちゃくちゃいい仕事してます。ただこれはガースドでは無いようですね。

収録アルバムのクレジットにはガースドの名前はありますが、この曲はPhil Buckleという人のようです。

 

フィンガーピッキングにオススメの爪の処理。

今回はちょっとした小ネタを・・・。

僕の普段のピッキングスタイルは、ピックと指を併用するいわゆる「チキン・ピッキング(ハイブリッド・ピッキング)」なのですが、それをスムーズに行う為に爪切りの際には毎回この処理をしています。

これはその昔、フィンガースタイルのアコギを得意とする友人に教えてもらったものです。

 

ちなみに「爪先で弾く人」と「指の肉で弾く人」がいるかと思いますが、後者で既に問題なく弾けてる人には特に必要ないかもです。 

f:id:ng21gt:20191220002928j:plain

※黄色の線はヤスリ掛けする軌道です。

 

まずは普通に爪切りして大まかな形を作ります。当然ですが、白い部分はある程度残した方がいいです。

あとは先端がやや尖るように写真の軌道のようにヤスリ掛けして整えます。

写真の軌道だとかなりVシェイプですが、もう少しなだらかにUシェイプくらいでもいいですね。

ピッキング角度によっては左右非対称な切り方も効果あります。

 

で、次が特に大事なのですが、

f:id:ng21gt:20191220002933j:plain

この矢印の角度と方向でのヤスリ掛け。爪の先端のラインを斜め下側から斜め上へ軽くヤスリ掛けします。

間違っても往復させないように注意です。常に下から上への一方通行で整えます。

両端も同様に整えます。(要するに弦に触れる箇所は満遍なくやる)

あまり強く擦ると爪が薄くなって弱くなるので軽くサッ、サッくらいでいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり!

 

 

これだけです。でもこれをすると爪先の弦への引っ掛かりが減ってスムーズにピッキングしやすいんですよね。

ギター弾きながら整えていくといいです。

爪先の尖らせ具合は人によって様々かと思うので自分にあった切り方をお試し下さい。

 

 

人によってはマニキュアのような硬化剤で補強したりもありますが、とりあえず爪切りあればいつでもすぐ出来る処理なので僕はずっとやってます。

 

 

ART ''Studio V3 Tube MP''

早いものでもう12月・・・ 2019年も終わりですね〜。

いつもこのブログをご覧下さりありがとうございます。ブログの宣伝やアピールには消極的なので特に他所に情報を載せたりはしてませんが、ありがたい事に検索で辿り着いた方がリピートして下さったりもあるようで、最近は月が変わるとわりと早い段階で「今月の閲覧者数が〇〇人に到達しました」という更新通知が来ることが多いです。

この数字はおそらくこの手のブログの中では特に大きなものでは無いと思いますが、僕からしたら「思ったよりも見てくれてる人いるんだな・・・」って感じです。笑

好きなものを自由に書いていくというスタンスなので営業的な派手なアクションは無い地味な日記ブログですが、ギタオタの隠れ家的なノリで今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

今回はマイクプリアンプの紹介です。これももう買ってしばらく経ちますが、紹介してませんでした。

f:id:ng21gt:20191206170106j:plain

有名な製品なのでわざわざ僕が書くような事も無いかもですが、せっかくなので主観のレビューでも・・・。

 

ARTから出ている真空管内蔵のプリアンプです。評判は良くも悪くも色々聞きますが、新品1万円を切り、中古5000円程で手に入る製品としては僕は十分コスパ良いと感じました。

基本のコントロールはインプットゲイン(左端ノブ)とアウトプットゲイン(右端ノブ)に、それらの間にブーストスイッチ(+20db)、ファンタム電源のオンオフ、位相反転スイッチになります。

詳細なEQ調整はありませんが、プリセットされた音色が16種類あり、中央のヴォインシングノブで選択できます。

なのでこれ単体でユーザー側での音の作り込みは出来ず不便さもありますが、人によって(環境によって)は迷いなくスピーディにセッティング出来るとも言えますね。ただこのプリセットも16種類あればその迷いも起こりますが。笑

 

あとはいかにもな見た目のメーターが付いてるのも男心をくすぐりますね。笑

 

ジャックは通常のフォンに加えて、XLR端子があります。

f:id:ng21gt:20191206170155j:plain

やや注意点は見ての通りイン/アウトの位置が一般的な配置と逆なのでボードレイアウトには一癖あるかもですね。笑

 

サウンドは味付けが強いとも言われますが、アクティブピエゾのHistoryエレガットに使った場合にですが、それについて僕は嫌な印象はなく扱いやすいです。

確かにナチュラルというよりはちょっと丸め?なこってりした補正が働いてるかもです。

レビューとしては使用環境においても情報不足且つやや特殊かもですが、そもそもHistoryのエレガット用に買ったものですので現状他では試してません・・・。すいません。

単純にクリアさを要したいマイクとかだと、余計に感じる成分が付加されてしまうのかも知れませんね。デフォルトの真空管に起因するノイズも多いとの意見もあります。

ただ僕のエレガットがほぼエレキみたいなデザインのやつなので、用途的にもあまりアコースティックなエアーサウンドは重視しておらず、ナイロンサウンドでジャズ弾いたりする場合にこのプリアンプの補正は単音にコシが出たり、温かみが増す印象で悪く無いです。

 

ミキサーに繋いだ際に、先述した通り音色はプリセット選択のみなのでどこかしらの帯域を削りたい/増幅したい場合に、状況によってはすぐ対処できない事もあるので僕は保険として後段に別途EQペダルを置いてます。

f:id:ng21gt:20191206170234j:plain

16種類のプリセットについては一応接続環境に応じての表記(VOCAL、GUITAR、BASS..等々)が添えられてますが、これはあまり真に受けずにちょっとした目安としてお好みで選べば良いと思います。

僕は''LIMIT''というプリセットが好みでよく使います。これは適度にコンプレッションが掛かるのでエレガットでリード弾く時に音にまとまりが出て弾きやすいです。

どのプリセットも大袈裟にEQが変わるといった印象はないので、細かい部分で調整掛けてる感じかも知れません。どれもまずまず無難に使える音で逆に迷いが出るかもしれません。笑

ひょっとしたらパッシブP.U.のアコギだったり接続する楽器によってはプリセット毎の変化が顕著に表れるのかもですが僕のエレガットだと劇的な差は感じませんでした。

この点はまた他に色々試したら改めて加筆したいと思います。

 

 

よく挙げられるノイズについてもホワイトノイズが乗るそうですが、スタジオ/ライブでPAミキサーに繋いだ際、こちらも特に気になりませんでしたね。

しっかり細かい音までモニターする録音やミックス作業なんかだと他製品より気になるのかも知れませんね。

これはデフォルトの中国製の真空管をローノイズなエレハモ製に替える改造が定番のようです。一応手元にエレハモ管はありますが、現状でノイズを気にしてませんのでこれもまたいずれ必要性を感じたら試してみます。

 

 

 

使った印象をそのまま書いた感じですが概ねこんな感じです。

電源はDCではなく''AC9V''なので、一般的なエフェクターも併用する場合に別でアダプターを用意する必要がある点も注意ですね。

 

定番製品でありながら結構好き嫌いの分かれるプリアンプのようですが、ハマる人にはコスパの良い製品だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買ってよかったストラップ、''Comfort Strapp''

今回はギターストラップについて・・・。

 

今までストラップは悩みは有りながらもアーニーボールの500円程のものやディマジオのロック式を使っていてそれほど重要視してませんでしたが、ちょっと奮発してみようと、Comfortを買って数ヶ月経ちましたので感想を・・・。

f:id:ng21gt:20191129231710j:plain

結果から言うと、

 

もっと早くにこれ使っとけばよかった。

 

 

って感じです。笑

 

値段は5000円程でストラップの中でも高い部類かもですが、僕はこれかなり推したいですね・・・。

これを選んだ理由が、「肩への負担の軽減」と「吊り下げた時の安定感の確保」で、特に前者に関してはかなり評判がよかったので期待は大きかったです。

 

実際使ってみると立って弾く際の悩みはかなり改善されました。

f:id:ng21gt:20191129231723j:plain

見るからに肩に優しそうな厚手のクッションになってます。

しかも僅かに伸縮性もあるので、弾きながら少しギターを引っぱったりしてもいい感じについてきてくれて窮屈さを感じません。僕は結構弾きながらその時のフィールでネックやボディ位置をフラフラと動かすタイプなので上体や腕の動きに無理なく追従するこの仕組みは嬉しいです。

この伸縮性はしっかりと意図されたものですので、伸びる感覚は誰もが気づくと思います。

これにより肩への圧迫が軽減されていますね。

 

着け心地としてはモッチャリ、ゆったり、フワフワした感じで、よくある評判や感想としては「楽器が軽く感じる」ってやつですね。僕もそう思います。

 

 

あとは素材自体のせいかあまり肩から滑らない(構え位置が動かない)ので、リラックスして弾きやすいです。あまりにも滑りが悪いとかえって弾きにくいと言う方もいると思いますが、その辺りは伸縮性のおかげでそこまで気になりません。寧ろ僕はこれが合ってました。

 

f:id:ng21gt:20191129231811j:plain

ピンを通す穴は二箇所有り、最初は高さを2段階で設定するものかと思いましたが、これはどうやら一度手前の穴(この写真だと左側)に通したうえで先端を折り返し、その先もピンに通して二重に固定する構造のようです。

つまりこう言うことです↓↓↓

f:id:ng21gt:20191129231824j:plain

これはピンから外れるのを防止するためのようですが、ロック式のピンを使ってる方にはあまり関係ないかもですね。

多分わざわざ二重にしなくても大丈夫と思います。・・・あまりに重たい楽器だと分かりませんが・・・。

ただ二重通しを知ってしまうと、一重で通すのがなんか薄くヤワく感じて変に不安にもなります。笑

ちなみに写真は外側に折ってますが、内折りの方が裏地が露出しないので見栄えは自然ですかね。

 

 

長さの調整幅はそこまでなく、製品のバリエーションとして「ロング(調整幅97~114cm)」又は「エクストラロング(調整幅107~137cm)」のような分け方がされています。

僕は割と高めに構えますが、ロングの方で不便なく使えてます。最小値の97cmよりは少し長く調整してます。(人それぞれの体の厚みが起因するので参考になるか分かりませんが)

 

購入して数ヶ月経ちますが、今のところ問題点は見当たりません。

ただ伸縮素材なので使い方や経年によっては今後伸びきったり、クッションのスポンジが潰れてくたびれる事もあるかもですね。

 

強いて難点を挙げるなら厚手なのでギグバックに入れる時に窮屈になる、ってのと、デザインもスポーティ(?)な雰囲気でいかにもって感じなので、人の好みや楽器を選びそうではありますね。

 

 

Comfort Strapp コンフォートストラップ ギターストラップ G-L (98cm~114cm) 【国内正規品】